オーナー

Home / オーナー

オーナー

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

https://xn--dkrtep74a1qqop9b.net/

こんにちは。

京都府は八幡市で誕生した、わんぱく育ちの秀島大輔(ひでしまだいすけ)です。

ボク(秀島大輔)は、京都府八幡市内にある高校を出るやいなや、現在雇ってもらっているハンコ屋(はんこの岩田)にはんこ彫りマンとして入店しました。そして、すぐさま判子作りのトレーニングを始めました。

クソ素人の方々には、到底イメージがつきにくいんだろうなとは思うのですが、われわれ判子彫りマンも、けっこうきつい印鑑彫り彫りトレーニングをやらされるものなんですわ(;^ω^)

ときに、なんでボク(秀島大輔)がはんこ彫りマンになりたいのかといえば、ボク(秀島大輔)がわんぱくに育った京都府八幡市内の生家は、まともに判子店(秀島判子)を経営しているからであります。

まあ、こんなに分かりやすい話もないかと思われます。。。

簡単にいうとボク(秀島大輔)は、京都府八幡市内の生家において、ハンコ稼業(秀島判子)の次期社長となることを、親父(二代目社長の秀島貴昭、ひでしまたかあき)から義務的におしつけられているというわけなんです‥‥。

つまり、親父(秀島貴昭)の構想は以下のような感じなのです。
↓↓↓↓
『跡つぎ長男(ボク、秀島大輔)が京都府八幡市内にある高校を落第することなく卒業できたら、跡つぎ長男(ボク、秀島大輔)を知り合いのハンコ屋(はんこの岩田)にでも預かってもらいながら印鑑彫り彫りトレーニングさせて、生家以外の世の中の厳しさを存分に学ばせたのち、京都府八幡市にある生家のハンコ屋(秀島判子)に晴れて凱旋させよう。』

親父の予定どおり、ボク(秀島大輔)が無事に京都府八幡市内にある生家ハンコ屋(秀島判子)の社長に就任しました暁には、ハンコ店(秀島判子)をスタートした先々代当主であるじい様(秀島五十助、ひでしまいそすけ)から見ると、第3代秀島判子オーナーってことになりますわね。

まあボクだって、他になりたいものが無かったってわけでもないんですが、ボクは秀島家の跡取り長男だから仕方ありませんよね。

申し訳ないですね、そんな大そうな話でもなくて。。。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です