印章をプレゼントする意味?

Home / 印章をプレゼントする意味?

印章をプレゼントする意味?

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑摂津

わたしは、印章有識者(自称)の花岡景子といいます。

情けなくもわたし(花岡景子)は以前、悪い人らによる印章偽装の被害に遭ってしまいまして、なんと300万円もの借金、被害を背負うことになったのでした。

カスみたいな悪い人たちによる印章偽装の被害に遭ってしまって、、300万円もの借金、被害を背負って以来、わたし(花岡景子)は印章なるものを自宅自室にて細かく研究しました。

なにしろわたし(花岡景子)の自室には、印章についてのぶ厚い専門書籍が15冊もあるぐらいですからね!

しかし皆さん、イメージをしてみてくださいよ。

6畳のせまい自室の中にね、15冊ものぶ厚い印章専門書籍があるわけですよ?

わたし(花岡景子)のクソせまい自室のちっこい本棚なんかに、ぶ厚い印章専門書籍が15冊だなんて、はっきり言って収まりきるものじゃありません・・・。

とてもじゃないけど、無理の一言なのであります!

困ってしまったわたし(花岡景子)はやむをえず、カーペットの上にぶ厚い印章専門書籍を積み上げて、積み上げて、重ねて、重ねて置いてるぐらいですからね。

わたし(花岡景子)なんか先日、カーペットの上に置いてるぶ厚い印章専門書籍にけっつまづいてしまって、自室の中で思いきりコケてしまいましたからね!

わたし(花岡景子)は自室の中において、ものの見事にアホみたいなカッコになっちゃいましたよ(恥)

もし、けっつまづいてコケたのが自室の中ではなくて町の中だったら、スカートが思い切りめくれてしまったでしょうから、後ろを歩いてる男らに印章柄のパンティをモロにを見られてしまっていたことでしょうね!

危ない、危ない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です