カテゴリー: 未分類

Home / カテゴリー: 未分類

レッド

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

 

なんだか詳しくは知らないけれど、赤色って、日本ではけっこう縁起のいい色なんですかね?

まあ、ダルマさんとか神社の鳥居とか、還暦祝いとかお祝いの紅白とか、けっこう赤を起用する場面って多いから、そう思っただけなんですがね。

ついでに私は思ったのですが、よその国での赤色の扱いってどんな感じなんですかね?

まあ、国と国との間には、宗教、文化、思想の違いが必ずあるわけですから、全ての国々が赤色を友好的に受け止めてるわけではないでしょうけれど、なーんか、ウチの国みたいな感覚で赤色を起用している国ってけっこう多いような気がしています。

クリスマスが近付くと、ピザの宅配労働者がいやいやながらにサンタクロースの格好をさせられるでしょ?

あの赤色のサンタクロースの衣装を見て、ふと赤色の意味を考えてみたわけなんです。

赤色の意味合いになんか何の興味もない方々、長くてくだらん話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

素材

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑安い

アグニはんこ素材とは、フェノール樹脂と、印章の世界において「積層強化木」などと称されている真樺をごちゃ混ぜにした素材から成り立っているはんこ素材なのであります。

アグニはんこ素材というのは、赤っぽい木目調の外見がなかなか特徴的でありまして、耐久性の面においてもそれなりに優れているのであります。

また、アグニはんこ素材は、地球の環境にもいい影響をもたらすはんこ素材です。

アグニはんこ素材は、そういう意味でも日本印章業界において広く知られているわけなのであります。

まあ、アグニって単語自体は決してカッコ良い響きの言葉ではありませんが。。。

白檀はんこ素材というのは、オーストラリア、インドネシア、インドあたりにおいて採取される木をメインとして使った印鑑材料なのであります。

白檀はんこ素材というのは、におい袋やお線香(毎日香とか?)の貴重な原材料としても大事にされているぐらいですから、すごくいいニオイがするんですよね。

白檀はんこ素材で注文した印章は、それなりに長い期間にわたって利用していると、赤っぽい印泥の油が印面の中にシットリ染み込んでしまいます。

その結果、印章の印面が壊れやすいデリケートな状態になってしまうという恐れが生じたりしますね。

ですから、白檀はんこ素材で注文した印章を使ったあとは、印面上にギトギトした感じでくっついてしまった赤い印泥を、ばっちり妥協なく落とすように注意するべきですね。

よけいなことかもしれませんが、赤い印泥を落とすなら、ちり紙よりウェットティッシュを使ったほうがよくないですかね?まあ、人の勝手ですから、自由にしてください。

白水牛印章とは、またの名をオランダ水牛印章とも称されています。

この白水牛印章(オランダ水牛印章)は、茶色、白色、黒色などのキレイな色合いが特徴的な印章なのであります。

そして、白水牛印章(オランダ水牛印章)は、一個一個がぜんぶ特徴を異にする色あいとなっている印章であります。

白水牛印章(オランダ水牛印章)には、同じ柄、同じ色の印章が、この世に一つとしてありませんからね。

またオランダ水牛のツノにおけるどの部位をはんこ素材として抜擢しているのかによって、印章出来上がり品の価格がまあそれなりに異なってくるのであります。

しかしオランダ人って、なんであんなに背が高いんでしょうかね?

まあいいか、そんなこと。。。

まとめてみた。

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

豊中印鑑

柴田印鑑次男の僕(柴田智雄)が、柴田印鑑情報を下にまとめておきますんでね。

じいさん 故柴田郁三(しばたいくぞう)・・・柴田印鑑初代経営者

父親 柴田勇(しばたいさむ)・・・柴田印鑑2代目経営者

母親 柴田峰子・・・町内の広場で、ラジオ体操参加カードの押印担当(夏季のみ、あとはヒマ人)

兄 柴田秀雄・・・予定では、柴田印鑑三代目経営者

僕 柴田智雄・・・予定では柴田印鑑三代目経営者となるはずである柴田秀雄の補助役になる予想

姉 柴田清美・・・地元にある区役所の印章登録係

終わりになりますが、大分県の老舗印章店たる我が柴田印鑑(経営者柴田勇)におきましては、日本印章業界としては非常にセンセーショナルな挑戦となる銀行印、ミトメ印、実印の大人印章3本セットの発売を開始することにいたしました!

住まいがある自治体を統括する役場に登録しなければならない実印、銀行口座を新設するにあたり、絶対に必要となる銀行印、宅配便のおっちゃんが来たら大活躍するミトメ印の印章三本セットは、世の中に出て労働をスタートしたら間違いなく活躍してくれるであろう印章なのであります。

このたび高校、大学を晴れてご卒業される新社会人の皆様におかれましては、この柴田智雄(柴田印鑑次男)による投稿を皮切りに、是非ともわが柴田印鑑の大人印章三本セット(銀行印、ミトメ印、実印)をご贔屓いただきますよう、切にお願い申しあげる次第でございます。

今日は本当にありがとうございました。

姉 母親

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑東淀川区

姉の柴田清美は、わが町の区役所に就職いたしまして、地方公務員として毎日ちゃんと出勤しております。

地元の区役所員である柴田清美に任された担当部署は、実家が印章店(柴田印鑑)だからなのかは定かではありませんが、思いきり印章登録係なのであります。

姉(柴田清美)も、老舗柴田印鑑の娘という立場から、印章登録係の窓口対応にマジメに取りくんでいるものと考えられます。

まあ僕(柴田智雄)も、姉(柴田清美)の印章登録係における働きぶりを直接見たというわけではありませんから、「おそらくマジメにやってるんだろうなレベル」のお話ではあるのですが(-_-;)

そういえば、うっかり忘れそうになっていました。

わが母親の柴田峰子(しばたみねこ、柴田印鑑2代目経営者柴田勇の妻、旧姓増田)も、一応とはいえ、まだまだ元気よくこの世で生きております。

おそらく柴田印鑑三代目経営者となるであろう柴田秀雄(長男坊)、おそらく柴田秀雄のよき補助役となるであろう柴田智雄(次男、僕)、区役所の印章登録係をおそらくマジメにやっているであろう柴田清美(長女)という、3人の元気な子たちを出産した柴田峰子は、夏が来ると朝も早くから町内の広場へと出かけていきます。

で、わが母親たる柴田峰子は、近所の子たち(バカばっかり)のラジオ体操に勇躍飛び入りして、子たちのラジオ体操参加カードに印章(柴田印鑑製)をおすのを生きがいにしているのであります。

ラジオ体操参加カードなんか子たちだけ持ってれば良いはずなのに、我が家の柴田峰子(柴田秀雄、柴田智雄、柴田清美の母親)ときたら自分用のラジオ体操参加カードなんか作って、自ら勝手に参加証明の印章(柴田印鑑製)をおしたりしてるんですからね(^_^;)

我が家の柴田峰子(柴田秀雄、柴田智雄、柴田清美の母親)も他にやることがないものだから、別に呼ばれもしないのに町内のラジオ体操に出向いてるんでしょうね(^_^;)

老舗

2018年12月5日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑池田市※速報!安いハンコ通販が地元印章屋をノックアウト!

みなさん、こんばんは。

この度、はじめて記事を投稿いたします僕は、大分県に住む柴田智雄(しばたともお)という印章職人であります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

わが柴田一家は、大分県で2代続いている老舗印章店(柴田印鑑)なのであります。

わが柴田印鑑は、僕(柴田智雄)のじいさんである故柴田郁三(しばたいくぞう)が起こした老舗印章店であります。

柴田印鑑初代経営者であるじいさん(柴田郁三)の現役引退後は、一人息子の柴田勇(しばたいさむ、柴田智雄の父親)が跡を継いで柴田印鑑2代目経営者となりました。

柴田印鑑2代目経営者の柴田勇には、次男の僕(柴田智雄)を含めた3人の子がおります。

つまり、印章職人たる僕(柴田智雄)には、きょうだい(兄と姉)が2人いるのであります。

そのきょうだい(柴田印鑑2代目経営者柴田勇の長男坊と長女)の名は、柴田秀雄(しばたひでお、柴田智雄の兄)と柴田清美(しばたきよみ、柴田智雄の姉)であります。

兄の柴田秀雄は当然ながら、わが柴田印鑑三代目経営者となるべき立場の、いわゆる跡継ぎ長男坊なのであります。

ですので、いま現在の柴田秀雄は、弟の僕(柴田智雄)と2人で実家たる柴田印鑑に入店いたしまして、柴田印鑑2代目経営者柴田勇(柴田秀雄、柴田智雄兄弟の父親)による激しい印章職人育成訓練を連日のように受けつづけている最中なのであります。

経営者

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑淡路

初めまして。

大阪府は池田市で生まれ、元気に育ちました森本貞晴(もりもとさだはる)といいます。

ぼく(森本貞晴)は、大阪府池田市内にある県立高校を出て即、今現在働かせてもらっている印章屋(吉田印章)にはんこ彫り師として入店しました。そして、すぐさま印章作りの修行を開始させました。

素人の皆さんにはイメージがわきにくいだろうと思いますが、印章彫り師にも、なかなかどうして大変な修行が課されるものなんですよね(;^ω^)

ところで、なぜぼく(森本貞晴)がはんこ彫り師を目指したのかといいますとですね、ぼく(森本貞晴)が生まれ育った大阪府池田市内の実家は、おもっきし印章店(森本印章店)を営業しているからなのであります。

ようするにぼく(森本貞晴)は、大阪府池田市内の実家において、はんこ稼業(森本印章店)の跡を継承することを、実の父(森本勇次、もりもとゆうじ)から義務として強制されているわけなんですね。

つまり、実の父(森本勇次)の頭の中はこんな感じです。
↓↓↓↓
『跡つぎ息子(ぼく、森本貞晴)が大阪府池田市内にある県立高校を卒業したら、跡つぎ息子(ぼく、森本貞晴)を他人のはんこ屋(吉田印章)に押し込んで訓練させて、生家以外の世間を十分に勉強させてから、晴れて大阪府池田市にある生家の印章屋(森本印章店)に帰ってこさせよう。』

もしも、ぼく(森本貞晴)が大阪府池田市内にある生家はんこ屋(森本印章店)を無事に継ぐことになりました時は、はんこ店(森本印章店)を起業した初代経営者であるじいちゃん(森本金次郎、もりもときんじろう)から見て、3代目の印章店(森本印章店)経営者ということになりますね。

すいませんね、大した話じゃなくて。。。

これにて。

オーナー

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

https://xn--dkrtep74a1qqop9b.net/

こんにちは。

京都府は八幡市で誕生した、わんぱく育ちの秀島大輔(ひでしまだいすけ)です。

ボク(秀島大輔)は、京都府八幡市内にある高校を出るやいなや、現在雇ってもらっているハンコ屋(はんこの岩田)にはんこ彫りマンとして入店しました。そして、すぐさま判子作りのトレーニングを始めました。

クソ素人の方々には、到底イメージがつきにくいんだろうなとは思うのですが、われわれ判子彫りマンも、けっこうきつい印鑑彫り彫りトレーニングをやらされるものなんですわ(;^ω^)

ときに、なんでボク(秀島大輔)がはんこ彫りマンになりたいのかといえば、ボク(秀島大輔)がわんぱくに育った京都府八幡市内の生家は、まともに判子店(秀島判子)を経営しているからであります。

まあ、こんなに分かりやすい話もないかと思われます。。。

簡単にいうとボク(秀島大輔)は、京都府八幡市内の生家において、ハンコ稼業(秀島判子)の次期社長となることを、親父(二代目社長の秀島貴昭、ひでしまたかあき)から義務的におしつけられているというわけなんです‥‥。

つまり、親父(秀島貴昭)の構想は以下のような感じなのです。
↓↓↓↓
『跡つぎ長男(ボク、秀島大輔)が京都府八幡市内にある高校を落第することなく卒業できたら、跡つぎ長男(ボク、秀島大輔)を知り合いのハンコ屋(はんこの岩田)にでも預かってもらいながら印鑑彫り彫りトレーニングさせて、生家以外の世の中の厳しさを存分に学ばせたのち、京都府八幡市にある生家のハンコ屋(秀島判子)に晴れて凱旋させよう。』

親父の予定どおり、ボク(秀島大輔)が無事に京都府八幡市内にある生家ハンコ屋(秀島判子)の社長に就任しました暁には、ハンコ店(秀島判子)をスタートした先々代当主であるじい様(秀島五十助、ひでしまいそすけ)から見ると、第3代秀島判子オーナーってことになりますわね。

まあボクだって、他になりたいものが無かったってわけでもないんですが、ボクは秀島家の跡取り長男だから仕方ありませんよね。

申し訳ないですね、そんな大そうな話でもなくて。。。

おやすみなさい。

はんこを贈る意味?

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

箕面印鑑

わたくしは、ハンコ有識者(自称だけど)の岡村瞳といいます。

カッコ悪い話なのですが、わたくし(岡村瞳)はこないだ、悪い連中によるハンコ偽装の被害を食らってしまいました。

結果を申し上げましたら、なんとなんと、250万円もの言われなき負債を背負うことになってしまったのでありました(涙)

ゴミみたいな悪い連中によるハンコ偽装の負債を食らってしまって、250万円もの言われなき負債を背負ってしまって以来、わたくし(岡村瞳)はハンコというものを実家にて徹底研究いたしました。

なんせ、わたくし(岡村瞳)の実家にあるマイルームには、ハンコについての厚い解説本が20冊もあるぐらいですからね!

しかし皆さんがたも、ちょっとだけ頭の中でイメージをしてみてもらえませんか?

6畳半のクソせまいマイルームの中にね、20冊もの厚いハンコ解説本があるわけですよ?

わたくし(岡村瞳)のクソせまいマイルームのミニ本棚なんかに、厚いハンコ解説本を20冊も入れろだなんて、はっきり言って無理難題・・・。まさに、無謀の一言(; ̄д ̄)

行き詰まってしまったわたくし(岡村瞳)は、苦肉の策として、フローリングの上に厚いハンコ解説本を積み上げ、積み上げ、重ね、重ねしてなんとか置いている有様ですからね‥‥。

わたくし(岡村瞳)なんかこの前、フローリングの上に置いてある厚いハンコ解説本に太い足を取られてしまって、マイルームの中でまともに転倒してしまいましたから(´ヘ`;)

わたくし(岡村瞳)はマイルームにおいて、お嫁に行けないぐらいバカみたいな姿になっちゃいました(泣)

もし、足を取られて転倒したのがマイルームではなくて都心の繁華街だったら大変でした。

そりゃ、そんな人通りが多いところでスカートが思い切りめくれ上がってしまったら、後方を歩いてくる男どもから当然のようにパンティをまともにを見物されてしまったことでしょう!

スカートがめくれ上がって知らない男どもにパンティを見られるだなんて、女にとっては十分に恥ずかしいことなのに、その上世間一般ではありえないと言い切れるハンコ柄が入ったパンティをはいていましたからね。。。

今後も、ハンコ柄のパンティを履く日だけは、出先で転ばないように十分に気をつけないとね(;^ω^)

印章をプレゼントする意味?

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑摂津

わたしは、印章有識者(自称)の花岡景子といいます。

情けなくもわたし(花岡景子)は以前、悪い人らによる印章偽装の被害に遭ってしまいまして、なんと300万円もの借金、被害を背負うことになったのでした。

カスみたいな悪い人たちによる印章偽装の被害に遭ってしまって、、300万円もの借金、被害を背負って以来、わたし(花岡景子)は印章なるものを自宅自室にて細かく研究しました。

なにしろわたし(花岡景子)の自室には、印章についてのぶ厚い専門書籍が15冊もあるぐらいですからね!

しかし皆さん、イメージをしてみてくださいよ。

6畳のせまい自室の中にね、15冊ものぶ厚い印章専門書籍があるわけですよ?

わたし(花岡景子)のクソせまい自室のちっこい本棚なんかに、ぶ厚い印章専門書籍が15冊だなんて、はっきり言って収まりきるものじゃありません・・・。

とてもじゃないけど、無理の一言なのであります!

困ってしまったわたし(花岡景子)はやむをえず、カーペットの上にぶ厚い印章専門書籍を積み上げて、積み上げて、重ねて、重ねて置いてるぐらいですからね。

わたし(花岡景子)なんか先日、カーペットの上に置いてるぶ厚い印章専門書籍にけっつまづいてしまって、自室の中で思いきりコケてしまいましたからね!

わたし(花岡景子)は自室の中において、ものの見事にアホみたいなカッコになっちゃいましたよ(恥)

もし、けっつまづいてコケたのが自室の中ではなくて町の中だったら、スカートが思い切りめくれてしまったでしょうから、後ろを歩いてる男らに印章柄のパンティをモロにを見られてしまっていたことでしょうね!

危ない、危ない。。。

訓練環境の変化

2018年12月2日 | 未分類 | コメントはまだありません

印鑑西淀川※安い通販はんこを注文して、高い印章屋を見限った。

たしかにですね、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)から人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)に電撃トレードされたころは、あまりに大きな訓練環境の変化(ヌルマ湯⇒実力社会)にマックスで当惑してしまって、何とまあホームシックになってしまう始末でしたよ。

しかし、キッチリ人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)での油断なき訓練環境に馴染めた僕ちゃん(今井雄二)は、今後も人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)にて印章訓練を積み重ねて、いつの日にか、和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の2代目オーナーとして郷里に凱旋できる日を実現できますように、死ぬ気でガンバって参りたい所存でございます。

和歌山県海南市にある家業の印章店(今井はんこ)の跡継ぎとなる僕ちゃん(今井雄二)には、朝も早くから人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)での油断なき印章訓練が待っております。

ですから、申し訳ありませんが、このあたりで僕ちゃんのダイアリーお開きにさせていただきます。

僕ちゃん(今井雄二)の現状なんて、食事してる時やおフロに入ってるときですら、人様の印章店(和歌山県岩出市の正田ハンコ)での印章訓練のことをイメージトレーニングしているぐらいですもん。

なんぼ職務やからって、気持ちが安らぐ瞬間が少しもないというのは、身体に悪すぎて困ってしまいます。寝る時間ぐらいはキッチリ取らせてもらって、印章のことから心を離して羽を伸ばさないと、しまいに病気しそうですもんね。

では、ベッドに入ります。また。